日田 早織画像

2018年 中途入社

日田 早織

難題に対して前向きに取り組み、
不確実性を楽しみながら
新規事業をプロデュースしています

学生時代、どんなことを学んでいましたか?

大学・大学院では農学を専攻しており、精密農業の分野で、農作物の生育量を機械で測定する方法に関する研究をしていました。

前職は何ですか?

現在社会人5年目、イーソリューションズは2年目です。1社目は「成長できる環境」を軸に企業を探し、就活中のインターンで会社と人の雰囲気に惹かれたソフトウェア事業会社に就職しました。ソフトウェアの法人営業やセミナー等での製品プレゼンを担当していました。

入社の決めては?

学生時代から学んでいた農林水産業の分野や、地方創生を含む社会課題解決に関わり、仕事の領域を広げたいという思いがあり、地方創生等のプロジェクト実績のあるイーソリューションズに興味を持ち始めました。そして、そのプロジェクトの構想を描くだけでなく、「人を動かす」ことを最重視しているところに惹かれ、入社を決意しました。仕事内容だけでなく、最終的には「成長できそうな環境だ」と感じたことも入社のきっかけになりました。

ワークライフバランスは?

旅行が趣味なので、休みの日によく旅行に出かけています。入社後、社長を見て影響を受けたことで、「様々な人とお話することで、考えをブラッシュアップさせたり、今の仕事に繋げていこう」と意識するようになりました。なので、色々な土地に行き、色々な人に会うように心掛けています。また、昨年12月に結婚式を挙げ、今年5月のゴールデンウイークには新婚旅行に出かけます。

「ライフデザイン事業部」をどう思いますか?

できるだけ短時間で、付加価値を出そうという意欲のある人が多い雰囲気だと思います。どのようにしたら効率良く、かつ高いアウトプットが出せるかをチームでよく意見交換をしています。また、「新規事業の立ち上げ」という正解のない仕事に日々取り組むことになるので、皆、難題に対して前向きに取り組めていたり、不確実性を楽しめる人、好奇心のある人が多いと思います。

どんな時、やりがいを感じますか?

1つ1つプロセスを積み重ね、世にないものを実現に向かわせているということに非常に達成感があります。また、その実現に向かうプロセスにおいて、何十社もの民間企業の方々、複数の省庁、大学、研究機関など、様々な方々の協力を得ながら、クライアントと共に一丸となってプロジェクトを進めていることもやりがいに繋がっています。

ページトップに戻るボタン