美好 一成画像

2019年 中途入社

美好 一成

チームメンバーとは
良い意味で競争があり、
毎日が新鮮です。

学生時代、どんなことを学んでいましたか?

学生時代は、ゼミにおける他大学とのディベートに没頭し、国際経営に関する知識を基に、どのようなロジックを組み、どのように相手にロジックを見せるかを学びました。

前職は何ですか?

現在社会人2年目で、前職は新卒で損害保険会社に就職しました。祖父が中小企業を営んでいたことから「企業の役に立ちたい」という気持ちが強く、金融という職種を選び、法人営業部門に配属されました。

入社の決めては?

一つの企業に対して働きかけるのではなく、社会課題の解決という観点から多数の企業に働きかけるスタイルに惹かれていきました。また、全くの異業種でも不安なく進めたのは、入社前に会った当社社員の「人柄」だと自信を持って言えます。面接後に、お昼休みの時間を割いて、入社前の相談や質問に真摯に向き合ってもらいました。

入社時の不安/入社後の印象は?

異業種からの転職だったこともあり、自分がどのように成長していけるか不安でしたが、自分と近い年齢の社員も多いため、「半年後、1年後にはこうなっていたい」と成長のマイルストーンを具体的に考えることができたので、不安はなくなりました。

「ライフデザイン事業部」をどう思いますか?

今ある環境を自分自身でよりよく変えていこうと考える人が多く、前向きな議論を活発に行うことが多いです。前職は大企業だったこともあり、自分自身で職場環境は変えにくい場面が多かったです。しかし、今は自分次第でアイディアを提案したり、行動に移して環境を変えていける「機会」があります。そのようなディスカッションの過程でお互いを高めあうことができ、チームメンバーとは良い意味で競争があり、毎日が新鮮です。

どんな時、やりがいを感じますか?

日々の仕事が、社会課題の解決という「大義」に繋がっていることにやりがいを感じます。また、私の年次ではお会いできないような企業の経営者や多彩な専門家の方々とお会いし、本気のディスカッションに関わることができることもやりがいに繋がっていいます。

今後どのような将来を描いていますか?

商品がない業界において、自分という価値を高めていきたいです。まずは、チームに付加価値を提供する人材になり、将来的にはどんな会社でも付加価値を生む知識を持つ人材になりたいと思っています。

ページトップに戻るボタン